健康な髪の毛を維持するために心掛けたいこと

心身になんらかの変調があらわれたとき、体がSOSを発することもあり、体が無意識に拒絶してしまうことも少なくありません。そのような状態を早期に改善するためにも、体からのSOSを真摯に受け止めることが大切です。

体がSOSを発する具体例として「髪の毛」の変化があります。髪の毛は、体内に摂りいれられた栄養素がいちばん最後にまわってくるため、栄養状態がよくないと、その前段階でストップしてしまい、白髪の原因にもなるのです。

また、このような栄養不足の状態が慢性的に続くと、どのような結果を招くかは、田畑で育つ作物を例にすると納得できるのではないでしょうか。


健康な髪の毛が育つのをさえぎるもの

健康な髪を育てるために

健康な髪の毛が育つのをさえぎるものとして、さまざまな可能性が考えられます。よく知られているケースとして、

  • 加齢による頭皮環境の変化
  • 慢性的な栄養不足
  • 夜型中心の生活
  • 精神的ストレス

などがあげられます。これらの間には、つながりがないように思われますが、必要な栄養素が髪の毛まで届かないという点においては、いくつかの共通点があります。

また、髪の毛まで栄養素が届かないのには、自律神経の乱れが関係しており、それによって、新陳代謝がうまく行われないことや、血流が悪くなることも考えられます。健康な髪の毛を育てるためには、それらの白髪の原因を取り除くことを心掛けましょう。

なお、病気や薬の副作用によって、髪の毛が白くなったり、薄くなったりする可能性もあります。特に、短期間のうちに著しい変化が出てきたときは、医療機関を受診して、重大な病気の有無を知ったうえで、適切な治療を行うことが大切です。


白髪の原因にもなる「生活習慣」について考えてみよう

髪の毛になんらかのトラブルが生じると、やはり、気になりますが、白髪の原因にもなる「生活習慣」について、改めて考えてみたいと思います。たとえば、朝起きてから出掛けるまでには、

  • トイレ
  • 洗顔や化粧
  • 朝食
  • 着替え

など、いろいろとやるべきことがありますね。具体的な順番は人それぞれですが、自分のなかで「一定のルール」ができているから、ストレスなくできるのですね。

几帳面な人はもちろんのこと、そうでない人も自分の行動スタイルが定型化されているから、無意識のうちに行動できるのだと思います。だから、その行動スタイルをあえて変えることは、ストレスになるかもしれません。そのところが、難しいのです。


生活習慣の見直しで得られるもの

生活習慣の乱れは髪に良くない

髪の毛だけでなく、お肌のトラブルや生活全般にも大きく関わるものとして、夜10時~2時までの「ゴールデンタイム」があります。この時間帯は眠っていることが理想的ですが、現代人の生活習慣からは、夜10時に就寝することはちょっと難しいかもしれませんね。

だけど、可能な限り早く就寝して、翌朝は気持ちよく起床できることで、余裕をもって朝の準備をすることができます。そうすることで、時間的にも余裕ができるため、朝食をしっかり摂り、胃腸に刺激を与えることで、便秘改善にもつながります。

このように、ちょっとした心掛けで得られるものは大きいといえます。白髪の原因には、さまざまな条件が関係しますので、「まさか、そんなこと・・・」と見落としてしまうこともあるかもしれません。だけど、日常生活全般を見直してみると、健康を害する条件はけっこうあるものです。